Watch Kramer Vs. Kramer Online Ibtimes

PEヘッドライン | プリンテッド・エレクトロニクス研究会(PE研究会)No. Zhejiang UniversityのJianguo Huangら、表面改質技術により超撥水性のセルロース複合材料を開発 (Journal of Materials Chemistryより)2. Zhejiang UniversityのJianguo Huangらは、セルロースろ紙の上にチタン薄膜と単層PFOTMS (1.

Issuu is a digital publishing platform that makes it simple to publish magazines, catalogs, newspapers, books, and more online. Easily share your publications and get. The only place on the web for Led Zeppelin bootleg specific transcriptions, with tour date/set list info and pictures of venues, tickets, posters, downloads and reviews. Pe研究会では、従来のエレクトロニクス製造に根本的な変革をもたらし、巨大な新産業を切り開くものと期待されている.

H,1. H,2. H,2. H- perfluorooctyltrimethoxysilane)をコーティングし、表面に超撥水性と撥油性を持たせた。この表面は大腸菌等のバクテリアの接着を抑制効果もあり、防汚、防臭、自浄などへの応用を期待できる。(hsieh)http: //pubs. JM/C2. JM3. 17. 50. H●Stanford UniversityのYi Cuiら、表面安定化コートしたエレクトロスパン銅ナノファイバーを用いて透明導電膜を作製 (ACS Nanoより)2. Stanford UniversityのYi Cuiらは、表面安定化コートしたエレクトロスパン銅ナノファイバーを用いて透明導電膜を作製した。従来のエレクトロスパン銅ナノファイバーには、銅ナノファイバーが加熱処理により酸化する問題があった。著者らは、銅ナノファイバーの表面に溶液法でアルミニウムドープ亜鉛層と酸化アルミニウム層を形成させることで、銅ファイバー透明導電膜の耐酸化性や耐湿性を向上させた。(tok)http: //pubs. FOM Institute AMOLFのJorik van de Groepら、電子ビームリソグラフィによって格子状のAgナノワイヤネットワーク透明導電膜を作製 (Nano lettersより)2. FOM Institute AMOLFのJorik van de Groepらは、電子ビームリソグラフィによって、格子状の二次元Agナノワイヤネットワークを有する透明導電膜を作製した。光透過率は9. Agナノワイヤによる局部的表面プラズモンと表面プラズモンポラリトン効果が関係していることを明らかにした。 (uwa)http: //pubs.

IBM Thomas J. Watson Research CenterのYanqing Wuら、大面積グラフェンを用いて高性能トランジスタを作製 (Nano Lettersより)2. IBM Thomas J. Watson Research CenterのYanqing Wuらは、無線周波数アプリケーションにむけ、高性能グラフェントランジスタを開発した。大面積シリコンカーバイド上へ化学蒸着法またはエピタキシャル法によってグラフェンを形成させて作製したトランジスタは、3. GHz 以上のカットオフ周波数をもつ。これらのトランジスタは、機械的剥離で作製されたグラフェントランジスタよりも高い性能であり、最適化された場合、電力と電圧のゲインは2. Bを示す。(cow, yskim)http: //pubs. Wexler、“折れ曲がる”電子書籍端末「Wexler Flex ONE」を発売 (Wexlerのプレオーダーに関する記事より)2.

Watch Kramer Vs. Kramer Online Ibtimes

Wexlerは、世界初となる“折れ曲がる”電子書籍端末「Wexler Flex ONE」を発売した。解像度1. E Inkディスプレイを搭載し、USB2. PDF/EPUBなど主要な電子書籍ファイルを転送できる。ボディがゴム状になっているため、ある一定の角度まで本体を折ることができ、耐ショック性も大幅アップしている。(saka)http: //wexler- global.

Watch Kramer Vs. Kramer Online IbtimesWatch Kramer Vs. Kramer Online Ibtimes

School Uniforms - Should Students Have to Wear School Uniforms? Standardized Tests - Is the Use of Standardized Tests Improving Education in America? Media Matters for America is a web-based, not-for-profit, 501(c)(3) progressive research and information center dedicated to comprehensively monitoring, analyzing.

Nq. 12ot. 9tt. YY (You tubeでの製品紹介)●東京大学の磯貝明ら、高強度かつ優れた酸素ガスバリア性を有するナノセルロース/クレイコンポジットを開発 (Biomacromoleculesより)2. GPa, 引っ張り強度5. 09 MPa)と酸素ガスバリア性を示す。(inu)http: //pubs. National Taiwan Universityの Wen- Yen Chiuら、疎水性や耐環境性に優れたフレキシブル導電膜を作製 (Journal of Materials Chemistryより)2. National Taiwan Universityの Wen- Yen Chiuらは、フレキシブルなPEDOT:PSS- PBA導電膜の疎水性(接触角> 9. PEDOT:PSS- PBA導電膜は、MSMA(3- トリメトキシシリルプロピルメタクリル樹脂)とPFOTES(トリエトキシ- 1.

Watch Kramer Vs. Kramer Online Ibtimes

H,1. H,2. H,2. H- トリデカフルオロ- n- オクチルシラン)で表面改質したシリカをPEDOT: PSS- PBA導電材料にブレンドまたはコーティングすることによって作製された。また、このPEDOT: PSS- PBA/silica導電膜は、優れたOptoelctronic特性も示した。(park)http: //pubs. JM/C2. JM3. 13. 52. A●香港市大学のV. A. L. Royら、高誘電率のポリマーナノコンポジットを作製 (Journal of Materials Chemistryより)2. V. A. L. Royらは、高誘電率でリーク電流の低いポリマーナノコンポジット誘電体を開発した。このナノコンポジットは、オクタデシルホスホン酸でコーティングしたチタン塩ナノ粒子をドーパントとしてポリビニルフェノール中に分散させたフィルムである。このフィルムで作製したトランジスタは、フレキシブル性および機械的特性、耐環境性に優れていた。(JLJO)http: //pubs. Content/Article. Landing/2.

JM/C2. JM3. 18. 13. J●University of California BerkeleyのSubramanianら、フェムトリットルのグラビア印刷で高性能の印刷トランジスタを作製 (Advanced Materialsより)2. University of California BerkeleyのSubramanianらは、フェムトリットルの金ナノ粒子インクをグラビア印刷することで、幅数1. Vの電圧下で3. 00 k. Hzの転移周波数を示した。(cjkim)http: //onlinelibrary. ITO膜に加熱のみでエッチング可能な新規ペーストを開発 (化学工業日報より)2.

ITO膜のエッチングを可能とする新規ペーストを開発した。ITOフィルム上にスクリーン印刷でパターン形成し、1. ITOをエッチングする事が可能になった。更に、このペーストは流水洗浄で容易に除去できる。(uwa)アサヒ化学研究所:http: //www. Holst Centre/TNO、有機エレクトロニクスのR2.

R作製技術を改善する“Clean. Yield”プロジェクトを始動 (Holst Centre/TNOプレスリリースより)2. Holst Centre/TNOは、ヨーロッパおよびイスラエルの会社や研究機関と共に(参加機関一覧は下記参照)、有機エレクトロニクスのR2. R作製技術を改善することを目的としたClean.

Yieldプロジェクトを5月より開始した。このプロジェクトは、EUのFP7(第7次研究枠組み計画)において行われ、クリーニング、およびフィルムの移動、欠陥の検知や予防などに関する技術を開発する。参加機関は、以下の1. TNO / Holst Centre (Netherlands)、Coatema Coating Machinery Gmb. H (Germany)、Dr. Schenk Gmb. H Industriemesstechnik (Germany)、Technical University of Denmark (Denmark)、Du. Pont Teijin Films (United Kingdom)、Horiba Jobin Yvon SAS (France)、IBS Precision Engineering (Netherlands)、Teknek Limited (United Kingdom)、Inno. Physics BV (Netherlands)、Philips Technologie Gmb.

H (Germany)、Bayer Material. Science (Germany)、Eight. Limited (United Kingdom)、Bayer Technology Services (Germany)、Thermosensorik Gmb. H (Germany)、Delft University of Technology (Netherlands)、Orbotech Inc.(Israel)  (tpe)http: //www. News. Press/News. List/Clean. 4yield. Fe層を重ねる。このFe面は、互いに合わせると良く接着する。フレキシブル有機エレクトロルミネッセンスディスプレイやフレキシブル太陽電池の封止材などへの利用が期待される。(saka)http: //www.

Angewandte Chemie International Edition(2. Nature(2. 01. 2, 4. ELテレビ量産技術開発で、ソニー、パナソニック提携交渉 (日本経済新聞、東洋経済より)2. DGXNASDD1. 40. FE_U2. A5. 10. C1. MM8. 00. AC/bf. 03e. 95dbf. Flex. Display. html●エア・ブラウン、ビスマレイミド樹脂を輸入販売 (化学工業日報より)2.

University of South CarolinaのXiaodong Liら、綿Tシャツを蓄電材料に (Advanced Materialsより)2. University of South Carolina のXiaodong Liらは、絶縁性の綿Tシャツに簡単な化学処理を施し、高導電性、フレキシブルな活性炭生地にした。この生地は理想的な電気二重層キャパシタとして機能する。また、Mn. O2/ACTと複合化することで、エコで安価かつ高い蓄電性能を持つスーパーキャパシタの製作に成功した。(hsieh)http: //onlinelibrary. Northeast Forestry University のJian Liら、木材からメソポーラスエアロゲルを作製 (Journal of Materials Chemistryより)2. Northeast Forestry University のJian Liらは、イオン液体の一種である1- allyl- 3- methylimidazolium chlorideに木材を浸漬した後、凍結融解処理を繰り返し行い、さらにアセトンで溶媒置換後、超臨界乾燥させることで、メソポーラスなリグノセルロースエアロゲルを作製した。このエアロゲルは、断熱材や吸音材への利用が期待される。(inu)http: //pubs. Content/Article. Landing/2.

JM/C2. JM3. 13. 10. C●Chinese Academy of SciencesのZhong Lin Wangら、Ga. Nナノワイヤを用いたナノジェネレーターとLEDを開発 (ACS Nanoより)2. Chinese Academy of SciencesのZhong Lin Wangらは、Mgをドープしたp- typeのGa.

N基板上に単結晶のn- type Ga. Nナノワイヤを成長させた。このGa.

Nナノワイヤを用いて圧電ナノジェネレーターとLEDモジュールを作製した。ナノジェネレーターの出力パワーは、1. W/m^2であった。また、LEDモジュールは、Zn. Oナノワイヤナノジェネレーターからの電力供給で点灯可能であった。(park)http: //feedproxy. Smo. Vv. GE/nn. 30. CEAのJean- P. Simonatoら、フレキシブルな銀ナノワイヤ透明ヒーターを作製 (Nano Researchより)2. CEA)のJean- P. Simonatoらは、銀ナノワイヤを使ってフレキシブルで透明なヒーターを作製した。ガラス基板、または、PETフィルム上に作製されたヒーターは、1.

V以下の電圧で良好な特性を示した。さらに、このヒーターを用いたフォトクロミックディスプレイを作製した。(tok)http: //www. IREC、薄膜太陽電池作製の低コスト化を目指し1. SCALENANOプロジェクト (IRECプレスリリースより)2. IREC (Institute for Energy Research)は、EUのFP7- ENERGY (第7次研究枠組み計画)において、SCALENANOプロジェクトで1. KAISTのSeung Hwan Koら、非常に長い銀ナノワイヤを用いてストレッチャブル電極を作製 (Advanced Materialsより)2. KAISTのSeung Hwan Koらは、長さ1.

Hanyang UniversityのYong- Ho Choaら、シランカップリング剤を用いた銅インクで密着性を向上 (Journal of Materials Chemistryより)2. Hanyang UniversityのYong- Ho Choaらは、シランカップリング剤を含む導電性銅インクを用いて、インクジェット印刷配線の密着性を向上させた。インクジェット印刷配線の導電性と密着性を評価した結果、3 wt%のシランカップリング剤を含んだインクジェット印刷配線は、高い剥離強度(2. Content/Article. Landing/2. JM/C2. JM3. 13. 81.

B●Sungkyunkwan UniversityのSeunghyun Baikら、フレキシブルな高導電性接着剤を開発 (Advanced Materialsより)2. Sungkyunkwan UniversityのSeunghyun Baikらは、銀マイクロフレーク、銀ナノ粒子で修飾した多層カーボンナノチューブ、ニトリルブタジエンゴムを使用して、高導電性でフレキシブルな導電性接着剤を開発した。この導電性接着剤でPET基板上に接着した発光ダイオードチップは、曲げ試験中でも輝度を維持していた。(cow)http: //onlinelibrary.

Duke UniversityのBenjamin J. Wileyら、銅ナノワイヤをニッケルで均一にコーティングし、耐酸化性に優れた透明導電膜を作製 (Nano Lettersより)2. Duke UniversityのBenjamin J. Wileyらは、銅の酸化を抑制するため、ニッケルで銅ナノワイヤをコーティングし、透明導電膜を作製した。このニッケルコーティング銅ナノワイヤは、銅および銀ナノワイヤに比べて耐酸化性が極めて高く、かつ安価な透明導電膜を作製するのに有用である。(inu)http: //pubs.

Biomacromoleculesより)2. TEMPO)酸化反応を利用して得たセルロースナノファイバー(TOCNs)を有機溶媒中に高分散させることに成功し、ポリスチレン(PS)と配合することで、透明性や耐熱性、物理強度に優れたPS/TOCNs複合材料を開発した。TOCNsの配合量が高いほど、これらの特性もよくなる。これは、幅3- 4 nmのTOCNsの高アスペクト比と高結晶性、ナノレベルの高分散性による。(hsieh)http: //feedproxy. Il. EI9. Wzs. Yw/bm. ASUの The Flexible Display Centre、7. OLEDディスプレイを作製 (The Flexible Display Centreプレスリリースより)2. Arizona State University(ASU)のThe Flexible Display Centreは、酸化物薄膜トランジスタを用いて、曲がるOLEDディスプレイを作製した。このディスプレイは、Army Research Labsと共に作製され、7. Tech Onより)2. 01. 2年5月3.

Heliatekが2. 01. 2年4月に発表した1. NEWS/2. 01. 20. 53. Nanoscale Research Lettersより)2. Novaled、大気中で安定なn型ドープ電子輸送材料を用いてOLED寿命を倍増させることに成功 (Novaledプレスリリースより)2.

Novaledは、OLED TVやOLEDモバイルディスプレイ向けの、n型ドープ電子輸送層(ETL)材料を開発した。新たに開発したドーパントは大気中で安定なため、従来のOLEDと比較して、ディスプレイ寿命を2倍にまで改善した。(cow) http: //www. EL照明の量産を始める。製法を刷新し、生産コストを従来の1. Konarka Technologies、連邦破産法を申請 (Konarka Technologiesプレスリリースより)2. Konarka Technologiesは、会社清算を意味する連邦破産法7条(Chapter 7)を申請した。同社はノーベル化学賞を受賞したAlan Heeger氏がChief Scientistとして名を連ねており、有機薄膜太陽電池の開発と実用化で先行してきた。日本では、2. Konarka Technologiesに2.

. . .